世界の裏庭

読書、映画、創作、自然など

【おとなげない童話・ん】4 うんちくん、海で大変身

● 4 うんちくん、海で大変身

 

 川の水の味がかわった。しかも、しょっぱい。こんな水は、うんちくんには初めての経験だった。

「うっ……急に息が苦しくなってきた」

「あたいも。苦しいのはそうなんだけど、でも息がとまって死んじゃう、って感じはしない。なんでだろう?」

「あ、ウンコちゃんあれ見て!」

 川と海がまじりあうところで、水が上と下に分かれていた。上のほうの水は透きとおっているのに、下のほうの水はちょっと白くにごっている。

 その2種類の水が、上下に重なっているように見えた。ウンコちゃんはそこへ行くと、上と下とを行き来していた。もどってきたウンコちゃんがいった。

「わかった! 上の水はあたいたちが生まれたところとおなじ水で、下の水がしょっぱくなってる。あの下のにごってみえる水は、きっと海の水なんだよ」

 食べなれないエサを食べながら、二人はしばらく川と海の水がまじったその場所ですごした。少したったころ、ウンコちゃんがうんちくんをじっと見つめていた。

「うんちくん、なんかヘンだよ!」

 ウンコちゃんはおどろいたようにいった。

「少し前まで、からだの横にあったもようが消えちゃってる。しかもからだの色まで変わってるし!」

「そういわれても自分じゃ見えないからなあ。でも、とくべつきもち悪いとか、そういうのはないんだけど……僕はいま、どんな色になってるの」

「白っていうか、銀色っていうか……うんちくん、なんだか金属になったみたい。ほら、太陽のひかりでピカピカかがやいてるし」

「僕の体が金属みたい?」

 ところがその次の日になると、こんどはウンコちゃんの体も変わってしまった。 「ウンコちゃんの体もピカピカだ……そうか、僕もこんなふうになってるのか。やっとわかったよ」

「昨日、あれから考えてみたんだけどね、もしかするとあたしたち、メタモルフォーゼしてるんじゃないかな」

「何それ?」

「ヘンタイするってことだよ」

「誰がヘンタイだよ!」

「いや、だからそうじゃなくて……」

 自分たちの体が成長にあわせて変わっていくこと、というのがウンコちゃんの説明だった。

「もしかしておれたち、成長してるのかな?」

「成長といえば成長なんだろうけど、でも海水馴化(じゅんか)といったほうが正しいんじゃないかな」

「またむずかしい言葉使ってる、なんだよそれ」

「だよねえ。どうしてあたし、こんなむずかしい言葉知ってるんだろう。もしかしてこれも成長のしるしなのかもね。ところでさ、うんちくんいま、おれっていったよね」

「おれ? そんなこといってないよ、おれは」

「ほら、いった。あたしちゃんと聞いたもん」

「そんなウンコちゃんこそ、自分のことあたしっていってるじゃん! 昨日まではあたいだったのに、あたしになってるぞ」

「えっ、そんなこといった?」

 彼女は、よくわからないと小首をかしげた。そのしぐさが少し大人びてて、ちょっとかわいくみえた。

(え? ちょっと待って。ウンコなのに、かわいいって……?)

 あいかわらず、差別意識は根深そうなうんちくんだった。