世界の裏庭

読書、映画、創作、自然など

『 Poo-kun's trip』8(英語バージョン)

(◉ブログ『おとなげない童話・ん』を翻訳ソフトで対訳にしてみました。お気楽な英語の学習教材にどうぞ笑)

 

『 Poo-kun's trip』8(英語バージョン)


● 8 Poo-kun, enjoy international exchange!

"Hey, Unko, don't you feel like the water has cooled down?"
"I thought so too. Maybe it's already in the Sea of ​​Okhotsk."
The water of the swimming sea is getting colder. From time to time, lumps of ice were starting to flow. However, even though it was so cold, it was strange that the bait of food was on the contrary.
"I've eaten a lot, but I think the number of fish has also grown. I don't want to eat too much stomach because of too many rivals."
"Poop, don't say such a bad thing, let's eat it. We have to grow bigger and bigger."
In the sea, there was a plankton where the water seemed to be slightly cloudy. Zooplankton ate the phytoplankton increased by photosynthesis, and fish and whales feeding on them ate it. The sea was transformed into a banquet room for creatures of all sizes.
Meanwhile, a large group of people approaching the poops were approaching.
"Hello! Where did you come from?"
It was twice or three times as big as the poops. The big-body fish was scared because many crowds approached him. Shinzo was throbbing, so I asked Hideko-chan's shadow to answer.
"Ha, hello ...?"
"What, you can speak English! Ahhhh!"
(English? …… It's fish, but English?)
"English is the official language of the world. So we can understand each other. Ahaha!"
Punch-kun thought he was a hilarious guy. Poochi, who had been thinking about withdrawal since he was a kid, was just sick and unable to answer anything.
I was surprised because Unko-chan suddenly hugged her big opponent.
"Oh! I'm a friendly child."
Unko-chan didn't hesitate, and when she could stick her cheek to the other person, she replaced the cheek on the opposite side.
"You're a cute child, whats your watcher name?"
Unko-chan is laughing and smiling, trying to convey something by gesture.
"Yeah, you're Unko-chan and I'm Punch-kun. Hello! Poop-kun!"
When the poop kun properly bowed, they also imitated it and returned the bow. Then, for some reason, I laughed a lot. Why are you so cheerful? Is it just a fool? Punch-kun thought such a thing that I can not say very much.
"Hey Eun-chan, are we friends?"
"Hmm ... I think it's different. I've never seen such a big one, but I think it's fish."
When he was flirting, he said:
"Where did you come from?"
Despite his large body, his voice was huge. Still, Unko replied, gesturing again.
"Nhhun? ... Ahaan! ... I see, you guys came from Japan? It's a long way, isn't it?"
Unko-chan seemed to be listening to the other person and listening to something.
"Oh, are we? I'm friends who I met at the sea, so my hometown is different. I traveled from British Columbia, Canada, to this rich sea of ​​food."
The fish next to me went.
"I'm Alaska. Since Alaska is a flying state, I'm probably born in America, but I was born and raised in Alaska, and I'm a genuine Alaskan child. How old are you? I am 4 years old this year. Yes, the 4th year is the year when we finally return to the river where we were born.
The fish I just mentioned.
"I feel a bit sad. I grew up in such a busy sea and I have to go home. Well, that's our fate, but I can't help it."
Sakan shrugged his shoulders.
(It's a fish, but my shoulder ...?)
Then, Nhoon? I tweeted.
They were Pacific salmon and were friends of red salmon and silver salmon. A long time ago, a giant fish, about 2 meters long, was chasing a small fish and eating one after another. King salmon, the largest fish in the genus Salmon and trout, called Masunosuke in Japan.
After that, Unko enjoyed interacting with the Gaijin people with a smile and body language. Poop was outside the mosquito net from start to finish.

 

●8 うんちくん、国際交流を楽しむ! 「ねえ、ウンコちゃん、水が冷たくなった気がしない?」 「わたしもそう思ってたとこ。もしかしたら、もうオホーツク海に入ってるのかもしれないな」  泳いでいる海の水が、いちだんと冷たくなった。ときどき、氷のかたまりも流れてくるようになっていた。けれども、こんなに冷たいというのに、逆にエサのかずがふえているのがふしぎだった。 「エサも多くなったけどさ、サカナの数も多くなってきたんじゃないか? あんまりライバルがふえて、おなかいっぱい食べられなくなったらいやだな」 「うんちくん、そんなセコいこといってないで、せっせと食べましょ。わたしたち、もっともっと大きくならなくちゃいけないんだから」  海の中には、水がうっすらと白く濁って見えるほどのプランクトンがいた。光合成で増えた植物プランクトンを、動物プランクトンが食べて、それをエサとするサカナやクジラたちがたらふく食べていた。海中は、大小さまざまな生き物たちの宴の場と化していた。  そんな中、ひときわ体の大きな群れたちが、うんちくんたちがいるほうへ近づいてきた。 「ハロー! きみたち、いったいどこの国から来たんだい?」  うんちくんたちにくらべて、2倍か3倍もあるくらい大きかった。大きな体をしたサカナが、たくさんの群れで近づいてきたからビビった。しんぞうがドキドキしてきたので、ウンコちゃんのかげにかくれてこう答えた。 「ハ、ハロー……?」 「なんだ、英語しゃべれるじゃないか! アッハッハッ!」 (英語?……サカナなのに、英語?) 「英語は世界の公用語。だからぼくたちは、きっとわかり合えるさ。アッハッハッ!」  やけに陽気な奴らだなとうんちくんは思った。小さい頃から引っ込み思案だったうんちくんは、ドギマギするだけで、何も答えられずにいた。  と、ウンコちゃんがその大きな相手に、いきなり抱きついたからびっくりした。 「オー! なんてきみは友好的な子なんだ」  ウンコちゃんは物おじするようすもなく、相手にほっぺをくっつけられると、逆がわのほっぺをつけかえした。 「かわいい子だね、ワッチャネーム?」  ウンコちゃんはニコニコ笑いながら、しきりに身ぶり手ぶりで何かを伝えようとしている。 「そうか、きみがウンコちゃんで、あっちのボクは、うんちくんっていうのか。ハロー! うんちくん!」  うんちくんがれいぎ正しくおじぎをすると、彼らもそれをまねして、おじぎを返した。そしてそれから、なぜかアッハッハッと大笑いした。なんでこんなに陽気なの? もしかして、ただのおバカ? とても口に出せないそんなことを、うんちくんは思った。 「ねえウンコちゃん、オレたちの仲間なのかな?」 「うーん……ちがうんじゃないかな。こんな大きなのは見たことないけど、サカナだと思う」  ひそひそ話をしていると、彼はこういった。 「それできみたち、どこから来たんだい?」  体も大きいけど、声もデカかった。それでもウンコちゃんは、また身ぶり手ぶりで答えた。 「ンフン?……アハーン!……なるほど、きみたちはジャパンから来たんだな? ずいぶん遠くから来たじゃないか、えらいよ」  ウンコちゃんは、こんどは相手をさして何かをきいているようだった。 「ぼくらかい? ぼくらといっても、海で知り合ったフレンドたちだから、出身地はちがうのさ。ぼくは、カナダのブリティッシュコロンビアから、エサの豊富なこの海へ回遊して来たんだ」  となりにいたサカナがいった。 「ぼくはアラスカだよ。アラスカは飛び州だから、いちおうアメリカ生まれってことにはなるけど、生まれも育ちもアラスカ、まあ生粋のアラスカっ子だな。何才かって? ぼくらはみんなおない年の仲間なんだけど、今年で4才になるんだ。そう、4年目ってことは、いよいよ生まれた川へ戻る年だ。ぼくらのふるさとにね」  さっきのサカナがいった。 「ちょっとだけ、さびしい気もするね。せっかくこんなにエサの多い海で育ったのに、もう帰らなくちゃいけないんだから。でもまあ、それがぼくたちの定め、運命だからしょうがないけどね」  サカナは肩をすくめてみせた。 (サカナなのに、肩……?)  それから、ンフーン? とつぶやいた。  彼らは太平洋鮭で、レッドサーモンやシルバーサーモンの仲間だった。ずっと先のほうでは、2メートルもありそうな巨大なサカナが、小さな魚を追い回して、つぎつぎに食べていた。キングサーモン、日本でマスノスケと呼ばれる鮭鱒属最大級の魚である。  その後もウンコちゃんは、笑顔とボディランゲージでガイジンたちと交流を楽しんだ。うんちくんは、はじめから終わりまで蚊帳の外だった。