世界の裏庭

読書、映画、創作、自然など

『 Poo-kun's trip』4(英語バージョン)

(◉ブログ『おとなげない童話・ん』を翻訳ソフトで対訳にしてみました。お気楽な英語の学習教材にどうぞ笑)

 

『 Poo-kun's trip』4(英語バージョン)


● 4 Poo-kun transforms into the sea

The taste of river water has changed. Moreover, it is salty. This kind of water was the first experience for Poop.
"Uh ... suddenly I'm getting choked."
"I'm suffocating, but I don't feel like I'm breathing and I'm dead. Why?"
"Oh, look at that!"
The water was divided into the upper part and the lower part where the river and the sea were mixed together. The water on the top is clear, but the water on the bottom is a little white.
The two kinds of water seemed to overlap vertically. Eunko-chan was going up and down as he went there. Unko who came back said.
"Okay! The water above is the same as where we were born, and the water below is salty. The water that can be seen underneath is probably sea water."

They spent their time eating food that they couldn't eat at the place where the river and the sea were mixed. A little while later, Unko was staring at Poop.
"Poop, something weird!"
Unko-chan went like a surprise.
"Some days ago, the stuff that was next to my body has disappeared. And the color of my body has changed!"
"I can't see it even if I say so, but I don't think it's very sticky, but ... what kind of color is it?"
"Whether it's white or silver ... Poop, it looks like it's somehow made of metal. See, it's shiny under the sun."
"Is my body like metal?"
However, on the next day, the body of Unko-chan also changed.
"Unko-chan's body is shiny ... Isn't it like this?"
"I thought about that, but maybe we're metamorphose ..."
"What that?"
"It's hentai."
"Who is hentai!"
"that's not it……"
Unko-chan explained that their bodies changed as they grew up.
"Maybe we are growing fast?"
"Growth is growth, but I think it is more appropriate to adapt to seawater."
"I'm using difficult words again, what is it?"
"Why do you know such a difficult word? Maybe this is also a sign of growth. Poo-kun, I'm here now."
"I? I don't say that, I."
"Look, I said again. I heard that I was."
"That's what Unko-chan is saying about her! Until yesterday, I was atay."
"Oh, did you say that?"
She didn't understand, she cried her neck. The behavior was a little mature and looked a little cute.
(Eh? It ’s cute, is n’t it ...?)

 

● 4 うんちくん、海で大変身する  川の水の味がかわった。しかも、しょっぱい。こんな水は、うんちくんには初めての経験だった。 「うっ……急に息が苦しくなってきた」 「あたいも。息苦しいのはそうなんだけど、息がとまって死んじゃう、って感じはしない。なんでだろう?」 「あっ、ウンコちゃんあれ見て!」  川と海がまじりあうところで、水が上と下に分かれていた。上のほうの水は透きとおっているのに、下のほうの水はちょっと白くにごっている。  その2種類の水が、上下に重なっているように見えた。ウンコちゃんはそこへ行くと、上と下とを行き来していた。もどってきたウンコちゃんがいった。 「わかった! 上の水はあたいたちが生まれたところとおなじ水で、下の水がしょっぱくなってる。あの下のにごってみえる水は、きっと海の水なんだよ」  食べなれないエサを食べながら、二人は川と海の水がまじったその場所ですごした。少したったころ、ウンコちゃんがうんちくんをじっと見つめていた。 「うんちくん、なんかヘン!」  ウンコちゃんはおどろいたようにいった。 「つい何日か前まで、からだの横にあったもようが消えちゃってる。しかもからだの色まで変わってる!」 「そういわれても自分じゃ見えないからなあ。でも、とくべつきもち悪いとか、そういうのはないんだけど……どんな色になってるの」 「白っていうか、銀色っていうか……うんちくん、なんだか金属になったみたい。ほら、太陽のひかりでピカピカ光ってるし」 「僕の体が金属みたいに?」  ところがその次の日になると、こんどはウンコちゃんの体も変わってしまった。 「ウンコちゃんの体もピカピカだ……そうか、僕もこんなふうになってるのか」 「あれから考えてみたんだけどね、もしかするとあたしたち、メタモルフォーゼしてるのかも……」 「何それ?」 「ヘンタイすることだよ」 「誰がヘンタイだよ!」 「そうじゃなくて……」  自分たちの体が成長にあわせて変わっていくこと、というのがウンコちゃんの説明だった。 「もしかしておれたち、ぐんぐん成長してるのかな?」 「成長といえば成長なんだろうけど、でも海水馴化(じゅんか)といったほうが正しいと思う」 「またむずかしい言葉使ってる、なんだよそれ」 「どうしてあたし、こんなむずかしい言葉知ってるんだろう。もしかしてこれも成長のしるしなのかも。うんちくんいま、おれっていったよね」 「おれ? そんなこといってないよ、おれ」 「ほら、またいった。あたしちゃんと聞いたもん」 「そんなウンコちゃんこそ、自分のことあたしっていってるじゃん! 昨日まではアタイだったのに」 「えっ、そんなこといった?」  彼女は、よくわからないと小首をかしげた。そのしぐさが少し大人びてて、ちょっとかわいくみえた。 (え? ウンコなのに、かわいい……?)

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com

 

enpitsu1201.com