世界の裏庭

読書、映画、創作、自然など

【見つけた図鑑◉野鳥】エナガ&オナガ

●名前がよく似た野鳥「エナガオナガ

 今回は、見た目はあまり似ていないのに、名前がそっくりな野鳥2種を紹介(撮影した写真がそれぞれ1枚ずつしかないので)。

 1枚目が、下の「エナガ」。

 

f:id:tsukimorisou:20200630114153p:plain

エナガ

 

 体の大きさのわりに尾が長いから、この名前がついたという解説が野鳥図鑑にはのっている。たしかに、胴体と尾の長さはほとんど同じぐらいに見えるが、そもそも小さな鳥なので尾が長いという印象は受けない。

 それよりも第一印象は、ヘンな顔の鳥、という感じがする。なんというのか、小柄なのに、眉毛がやたらと太い頑固なオヤジ……そんな顔つきに、個人的には思える。

 案外器用らしく、ホバリング(羽ばたきながら空中に静止する)しながら昆虫を捕食したりもできるという。


 で、遠目からでも明らかに尾の長さが際立って見えるのが、次のオナガである。

f:id:tsukimorisou:20200630115400p:plain

オナガ

 

 この写真ではちょっとわかりにくいかもしれないが、こちらはやや全体のサイズが大きくて、そのぶん尾の長さもすごく長く見える。黒塗りされた顔、真っ白な胴体、青色がかった灰色の羽と、色調としては結構美しい。

 しかしその見かけとは裏腹に、鳴き声があまりきれいではないのが残念な鳥だ(失礼)。というのも、カラス科に属しているから。ただし鳴き声としては、まだカラスのほうが澄んでいるかもしれない。

 

エナガ〉 柄長 スズメ目 エナガ

・全長14cm前後

・低山帯の林にすみ、林の中を群れで移動する

・九州以北に留鳥として分布。北海道には別種のシマエナガがいる

・つがいの他に、ヘルパーという子育てを助ける個体がいることが知られる

・エサは昆虫やクモで、樹液も吸う

 

オナガ〉 尾長 スズメ目 カラス科

・全長約35cm

・黒い頭と、背と長い尾羽は美しい水色

・関東、甲信越、東北地方に分布

・鳴き声は「グェーイ、グェーイ」

・世界的にはポルトガルとアジア東部に分布。ユーラシア大陸の東西に分かれてすむふしぎな鳥