世界の裏庭

読書、映画、創作、自然など

2021-01-27から1日間の記事一覧

『大誤解』17

● 敦子は雄介の手に触っていた。ぷくぷくとした肉は弾力があってすべらかだ。照明をつけていないから部屋はまっ暗だった。いまの敦子にはグロー球の明るさでも怖くて仕方ない。 誰かに見られている、というより観察されている。あの芝居を観ればそれは間違い…