世界の裏庭

読書、映画、創作、自然など

2020-07-12から1日間の記事一覧

『その男、椎名』第4・5章-2

「その場で気絶したわたしが、その前後の記憶が途切れていたわたしがこんなことをいっても説得力ないかもしれないけど、気を失う前に若い男性、つまり神さんと二言三言言葉を交わしたはずなんです。その後で気を失ったと思うんです。だって交わした言葉、憶…